MENU

副作用の危険性は?除毛クリームSuRuRuの成分を徹底解析!

 

この記事ではSuRuRuの危険性について解説します。

 

除毛クリームスルルに含まれている成分の効果効能と、その危険性を一覧でまとめてみました。

 

SuRuRuは非常に安全性の高い除毛クリームだというのが結論ですが、安全性の高い脱毛クリームを使いたいと考えている人は、この記事を参考にしてみて下さいね!

 

 

 

成分名 効果・効果(概要) 副作用の危険性
チオグリコール酸カルシウム アルカリ性の成分で、この成分が肌に入り込み肌の表面上に出ている毛だけを取り除きます。
シア脂 主成分はステアリン酸、及びオレイン酸です。皮膚保護やエモリエント作用などがあります。
ダイズエキス イソフラボンやタンパク質が多く含まれています。抗炎症性、保湿性、美白作用などのある成分です。
シソエキス(1) 収斂作用、消炎作用があるので、肌のキメを整え、乾燥から肌を守る目的で配合されます。
dl-α-トコフェロール 強い抗酸化性作用があり、生体膜の機能を正常に保つことや、赤血球の溶血を防止する働きなどがあります。
d-δ-トコフェロール 強い抗酸化性作用があり、生体膜の機能を正常に保つことや、赤血球の溶血を防止する働きなどがあります。
天然ビタミンE 油溶性のビタミンで、その抗酸化作用から若返りのビタミンと呼ばれます。美肌効果が期待できます。
1,3-ブチレングリコール グリセリンより保湿性、防腐効果も期待できる優れた成分で、刺激も少ないです。
1,3-プロパンジオール 糖を発酵させて得られるさっぱりした感触と抗菌性を有する多価アルコールです。
1,2-ペンタンジオール 保湿効果だけでなくて、保存性を高める効果が期待できます。また、高い抗菌力もあります。
ステアリルアルコール 肌に馴染みやすい成分で、乳化安定剤、固化剤、コーティング剤として使用されています。
ポリオキシエチレンセチルエーテル 耐酸性、耐アルカリ性、耐熱性に優れたエーテル型非イオン界面活性剤です。親油性から親水性のものまであります。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル グリセリンと同じ程度の保湿効果を発揮し、抗菌効果や消臭効果があることが大きな特徴です。
モノステアリン酸ポリエチレングリコール クリームや乳液の剤形を安定化させる乳化安定剤、可溶化剤です。洗浄剤にも配合されます。
パラフィン 主な成分は飽和炭化水素です。酸化変敗することがなく、乳化しやすい特性をもっています。
流動パラフィン 無色、透明、無臭の常温で油状の液体で、ミネラルオイルとも言われています。
水酸化カルシウム 消石灰とも呼ばれており、アルカリ剤や、pH調整剤として使用されています。
水酸化ナトリウム 薄い水溶液は皮膚を柔軟にさせる効果があり、クリームや乳液には乳化剤として使われています。
香料 抗菌性のある香りで、防腐効果を高める効果があります。また、リラックス効果もあります。

 

副作用の危険性:当サイトの基準で評価

 

SuRuRuに含まれている成分の効能及びその副作用についてまとめてみました。

 

SuRuRuには有害な成分は使われていないので、敏感肌で肌への負担が気になる方も安心して使うことが出来ます。

 

SuRuRuを利用した人たちの口コミ情報をみても、肌荒れなどの報告は見られないので、敏感肌にも優しいSuRuRuを使って、ムダ毛ケアにチャレンジしてみてはいかがですか?

 

ただし、SuRuRuは顔やデリケートゾーンなどには使えません。

 

SuRuRuに限らず、他の脱毛商品にも言えますが、やはりデリケートな部分のムダ毛ケアをしたい場合は、専門の脱毛サロンなどで処置してもらったほうが良いでしょう…。

 

腕・指・脚・うなじなどのムダ毛を手軽に処理したいという人は、こちらからスルルの詳細を確認していって下さいね!

 

>>SuRuRuを使った私の口コミ